金融円滑化について

平成25年3月末の中小企業金融円滑化法の期限到来にあたって

 当金庫では、平成21年12月の中小企業金融円滑化法(以下円滑化法)の施行前から、個々のお取引先の資金繰安定化を第一に考え、返済条件の変更や新規融資の相談等に親身に対応するとともに、コンサルティング機能の発揮により様々な経営相談、課題解決提案を実施し地域経済の活性化に繋がるよう努めてまいりました。
 昨年3月に最終延長となりました円滑化法は、平成25年3月末を以って終了となります。当金庫におきましては、円滑化法が終了をした後も事業者、住宅ローン利用者にかかわらずお客様の資金繰り相談には親身に対応していく方針に変わりありません。
 また当金庫は、平成24年11月に経営力強化支援金融機関に認定されました。お客様の経営改善支援について、これまで以上に各営業店と本部が情報共有し経営相談に応じるとともに、顧問税理士などの専門家や中小企業再生支援協議会等の外部機関とも連携して経営改善支援に取組んでいく方針です。特に、企業と顧問税理士を交えた三位一体での取引先支援を強化しコンサルティング機能を発揮していく方針です。
 引き続き、資金繰り相談や経営相談などどのような相談につきましても、当金庫本支店の営業・融資担当者までお気軽にご相談下さい。

平成25年1月22日
島田信用金庫
理事長 岩原 茂雄

ページのTOPへ