店舗・ATM案内

ATMのご案内

偽造キャッシュカード対策について

ICキャッシュカードをご利用の方は「ICキャッシュカードとは」をご覧ください。

ICキャッシュカードとは

最近、偽造や盗難キャッシュカードによる預金引き出し事件が多発し被害が広がっています。これまで未然防止策として、お客様に対し暗証番号に「生年月日」、「電話番号」等を使用しないように呼びかけてまいりました。
しかしながら、昨今の犯罪は盗撮カメラ設置など益々拡大する傾向にあり、更なるご利用限度額の見直しをいたしました。

「一日あたりの利用限度額登録」のお申し出のないお客様(※)のお口座につきましては万が一の被害の拡大も想定されることから、次のような取扱とさせていただきました。
※法人個人の区別はございません。

ご利用限度額を登録されていないお客様

「限度額登録」のお申出のないお客様のお口座につきましては一日あたりのATM利用限度額を一律100万円に設定させていただきました。

ATM利用限度額を100万円以下に設定希望のお客様、または100万円を越えて200万円までの間でご利用希望のお客様は
窓口へお申出ください。

新規に「一日あたりのご利用限度額」を登録されるお客様につきましては、次の通り取扱わせていただきます。
※法人個人の区別はございません。

新規にご利用限度額を登録されるお客様

窓口で「ATM支払限度額届出書」にご記入していただきます。
一日あたりのATM利用限度額を1万円以上200万円以下(登録単位は千円単位)で設定していただきます。

上記お取引は何れも、現金によるお支払いです。(振替・デビットカード取引は含みません。)振込みは別に一日あたり100万円までご利用いただけます。100万円超のお振込みの場合は、窓口でのお取扱いとなりますので「本人確認書類」 等を併せてお持ちください。

1日あたりのご利用限度額を0円〜200万円(登録単位は千円単位)の範囲で変更していただくことができます。0円で設定していただきますと振込取引停止となります。

本人確認資料

<<個人のお客様>>
運転免許証、旅券(パスポート)、各種年金手帳、各種保険の被保険者証、
在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、お取引で使用する印鑑に係る印鑑証明書等

<<法人のお客様>>
登記事項証明書、印鑑登録証明書、官公庁から発行・発給された書類等
※法人の代表者など来店された方につきましても、本人確認手続きをさせていただきます。

※詳しくは最寄の店舗窓口にお問合わせ下さい。

ページのTOPへ