ふるさとインフォメーション

探訪! 名所・旧跡

川根本町

フォーレなかかわね茶茗館

フォーレなかかわね茶茗館

フォーレなかかわね茶茗館は、川根本町の暮らし、自然、産物などお茶をキーワードに紹介する新コミュニティエリアです。
緑深い山々をバックに、自然に溶け込むような、素朴でぬくもりのある建物が特徴です。
門をくぐると左手にある庭園には、江戸時代に茶人『小堀遠州』が考案したとされ、
茶道文化の中で『静』を演出する脇役として発展した『水琴窟』があります。
水滴が水を張った瓶(かめ)の中へ滴り落ちる時に、『キーン』という金属音のような
不思議な音色が反響して聞こえてきます。音色や水滴の落ちる間隔も変化するので、
音楽のように感じられるかも知れません。竹筒を使って聞くとよく聞こえます。

2階展示場

縄文時代から続く旧中川根の歴史・茶史を、貴重な出土品や文献を通して触れることができます。

縄文時代から続く旧中川根の歴史・茶史を、貴重な出土品

上長尾遺跡から昭和27年に出土したもので、今から3000年前の縄文時代晩期に作成されたもののようです。上長尾遺跡のものは日本列島の南限をしめすものとして特に有名です。

茶函、茶壷、茶釜等お茶に関した資料もたくさん展示されています。

1階展示場
1階展示場

なかかわねシルエットギャラリーのほか、母なる川大井川をモチーフにした『大井川テーブル』や、お茶の歴史、お茶と健康等たくさんのコーナーがあります。

川根本町の情景、春夏秋冬が、影絵作家・藤成清治氏の手による影絵作品によって、魅力あふれる世界となっています。光と影が織りなす幻想的な空間をご鑑賞ください。

1階展示場

鹿ん舞(徳山の盆踊り)写真の左側です。
数百年前、農作物を荒らす獣を追い払い、五穀豊穣を願って始められた鹿ん舞。少年達が牡1頭、牝2頭の鹿にふんして踊る古風な踊りで、毎年8月15日、徳山の浅間神社で披露されます。
ヒーヤイ踊り(徳山の盆踊り)写真の右側です。
鹿ん舞に引き続いて演じられる盆踊り。平安貴族の舞がルーツで、どことなく気品と優雅さが感じられます。鹿ん舞、ヒーヤイ踊りに狂言を加えた3部作で構成された徳山の盆踊り。
鹿ん舞とヒーヤイ踊りは国の重要無形民族文化財に指定されています。

1階展示場

お茶セット付の入館料だと1kg20,000円の、たいへんおいしいお茶とようかんをいただけます。
さらに、おいしいお茶の入れ方を親切に教えてくださいます。

くのわき親水公園キャンプ場

くのわき親水公園キャンプ場

くのわき親水公園キャンプ場は敷地面積約40,000平方メートルで広くて新しいキャンプ場です。樹木が林立するフリーのテントサイトは、夏でも日陰で涼しく快適にすごすことができます。炊事場、鉄板、貸テント、水洗トイレ、温水シャワー施設、駐車場も完備していますので、ご家族連れやグループで利用することができます。

ウッドハウスおろくぼ

大井神社

川根本町産の杉や桧をふんだんに使った町営施設で和室8室、32名様まで宿泊することができます。
四季折々の山菜料理や、桧のお風呂を楽しむことができ、また周辺にはテニスコートやフィールドアスレチック、川根本町の動植物や山の暮らしを紹介する「緑の伝習館」もあり、ご家族連れなど、グループで訪れる方に大変喜ばれています。

塩郷の吊り橋『久野脇橋』

塩郷の吊り橋『久野脇橋』

長さ220.4m、高さ10.4mで大井川に架かる一番長い吊り橋です。山の空気と川の風が体いっぱい感じられます。大井川の大きさを体感してください。
 くのわき親水公園キャンプ場の近くにありますので、キャンプ場にお出かけの際には渡ってみてはいかがでしょうか。

アプト式鉄道

アプト式鉄道

長島ダムの建設に伴い、大井川鉄道井川線『長島ダム駅』と『アプトいちしろ駅』の区間、約1.4kmに誕生した日本で唯一のアプト式鉄道です。
アプト式鉄道とは、スイスで生まれた、歯車を使って急坂を登る特殊鉄道で、2本の線路の間に歯車用のレールを付けたもので、急な坂を専用機関車を連結し力強く登って行きます。 これによって井川線は1000分の90という日本一の急勾配鉄道となりました。

レインボーブリッジと奥大井湖上駅

レインボーブリッジと奥大井湖上駅

長島ダムの建設にともない井川線の一部区間が水没するため、この区間に付け替えをしました。この新しい路線に誕生した『レインボーブリッジ』と『奥大井湖上駅』です。その美しい景観は、秘境奥大井の新しい魅力です。
 大きく蛇行した大井川の渓谷に架けられた鉄橋は長さ286mと195mからなり、中間に『奥大井湖上駅』ができました。この橋は川底からの高さが約70mもあり、将来はダム湖を渡る鉄道として格別のものとなるでしょう。

大井川鉄道千頭駅

大井川鉄道千頭駅

大井川鉄道は『金谷』駅から終着駅『千頭』まで、今でもSLが定期的に運行されている数少ない路線です。そこには現役で活躍中のC11型やC12型、戦時中『タイ〜ビルマ間』を走っていたC56型蒸気機関車、大正時代に造られたドイツ製のコッペルなどが動体保存されていて、子供たちや鉄道ファンの人気を集めています。 SLの終着駅『千頭』は、秘境奥大井への出発点でもあり、ここから森林鉄道の名で親しまれる井川線のミニ列車が出ています。雄大な渓谷を行く赤と黄色に塗られた車体は、まるでおとぎの国の列車のようで、終着『井川』までの一時間半は大パノラマの連続です。また、千頭駅構内にはSL資料館も併設されています。

接岨峡(せっそきょう)温泉

接岨峡(せっそきょう)温泉い

接岨峡温泉の泉質は良質な重炭酸ナトリウム泉で皮膚の脂肪の分泌を促進し、清浄することから通称を『若返りの秘泉』と呼ばれています。胃腸疾患、リュウマチ、神経痛、痛風、火傷、皮膚病、創傷などに効能があるそうです。
地区の中心に町営の接岨峡温泉会館があります。

SL資料館

SL資料館

SL資料や奥大井の交通歴史資料の展示をはじめ、実物大のンバープナレートなどのSL部品、大井川鉄道と姉妹鉄道となっているスイスのブリエンツ・ロートホルン鉄(アプト式鉄道)を紹介するコーナーなどがあります。
大井川鉄道千頭駅に隣接していますので、千頭駅まで行かれた際には、お立ち寄りになってはいかがでしょうか。

寸又峡(すまたきょう)温泉

寸又峡(すまたきょう)温泉

秘境、寸又峡温泉は、その昔、野生動物が寝ていた場所に温泉が湧いていて発見されたと伝えられています。
明治22年共同浴場、湯山温泉として開発され、その後3回に渡るボーリングを試み、温度43度、毎分540リットルの自然湧出に成功し、昭和37年湯山より温泉街まで3790mを引湯し現在に至っています。
南アルプスの麓より自噴する天然温泉の成分は、硫化水素系の単純硫黄泉、温度は43.7度。つるつるすべすべの肌をつくるといわれ『美人づくりの湯』として知られています。

夢の吊橋

夢の吊橋

寸又峡を代表する美しい渓谷に架けられた『夢の吊橋』は、大井川水系独特のエメラルドグリーンに染まった水面上に渡された長さ90m高さ8mの吊橋です。水面に映る景色は季節ごとに趣を変えて、大自然の魅力をありのままに伝えてくれます。

智者(ちしゃ)の丘公園

智者(ちしゃ)の丘公園

智者の丘公園は、音戯の郷からのルートコースとして智者山の小高い丘に位置しています。自然への感受性を取り戻していくために、ネイチャーゲームを体験したり、公園内の『音の蛇口』、『風の音』、『音の望遠鏡』、などの音具で音遊びができます。
スカイウオークは鳥の視線と同じところから自然を体験できます。

資料館やまびこ

資料館やまびこ

資料館やまびこは、
『南アルプスから湧き出る水をあわせて蛇行する大井川流域の地勢』、『緑豊かな森林に育まれる生物界』、そして、その『自然との調和・共存をはかりながら営んできた山峡(やまかい)の生活と文化』に焦点をあて、わかりやすく展示されています。
 『やまびこ』という名前は、山間地という立地条件から『山の資料館』として、また、『山と人間』・『過去と現代』との対話を通して環境保全、エコロジー精神を培い、これが『やまびこ』となってひびき合い、よりよい未来を創造する糧となっていただけることを願って名づけられました。

ページのTOPへ